鹿児島に伝わる神話を追っていき川辺の飯倉神社へ。ここは神武天皇の母「玉依姫命」が祀られています。

飯倉神社

飯倉神社

img_2371

概要

鹿児島神社庁によると

度々の火災のため、記録の多くを焼失しているが、規模が極めて宏大で多数の崇敬者を擁する大社であった諸記録がある。当初開門岳一帯に鎮座されていたが、元明天皇和銅年間に現在の川辺の地に鎮座されたと伝えられる。

また諸文献によれば、往古は現在地の南西約一粁の川辺郷宮村飯倉山に鎮座し、寛元五年加世田郷宮原村より一社、阿多郷宮原村より一社を夫々合祀して飯倉新宮三所大明神と称し、中宮に天智天皇の皇女、東宮に天智天皇、西宮に倉稲魂命の三坐を祀ると伝え、明治四年飯倉魂神社と改称とあり、当時は郷社であった。飯倉山には旧跡が残り、字名は当社に由来する。

尚、境内に県文化財指定の大楠がある。

とのこと。かつては今の場所ではなかったようです。また、毎年7月には御田植祭もあり、ここで奉納される「宮棒踊り」は南九州市指定無形民俗文化財となっています。

社殿

飯倉神社 社殿

飯倉神社 社殿

もの凄く綺麗にされています。

img_2360

砂利に綺麗なあとが…

img_2361

img_2364

とても静かで落ち着きのある境内。古き良き日本の空気とでもいいましょうか。。

鹿児島観光 img_2366

緑も美しいです。。

雷に割かれた大楠

img_2367

「宮の大楠」とも呼ばれる蒲生の大楠・志布志の大楠に次ぐ巨木。
樹齢は約1200年。なによりも驚くのが雷に打たれ三つに割けながらも、そのうち二つの幹が生きている事です。

img_2368

真ん中が枯れた幹でしょうか。。

img_2373

img_2369

倒木の危険性からかしっかり固定されています。

大クス

まとめ

飯倉神社

とにかく雰囲気がよいですね。神社が持つ独特の静かで落ち着く空気感がたまりません。境内で「ぼ~」と過ごすだけでも心がいやされます。そして大楠。ただ大きいだけじゃなくて雷にも負けない生命力と生きる力。あまり知られていないようですが一見の価値はあります。

よかもん君
おなじ川辺にある豊玉姫神社と一緒に訪ねたい場所だね!
[SmartAds2]

高齢者障害者のための環境情報

入口に段差が数段あり境内に車いすで行くには担ぐ必要があります。大楠は道路から見ることも可能。駐車場は神社向かい側に10台分ほどあります。

地図

西郷どんを楽しむ企画

明治維新と西郷どん
島津家の歴史

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
@ksw1934xで検索!もしくは⇩
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ