耳取峠:南さつま海道八景で唯一の日の出スポットは一見の価値あり!

南さつま海道八景、薩摩半島屈指のドライブコースであり素晴らしい景観を誇る、個人的にお気に入りの景色が広がる場所

今回はそのひとつである「耳取峠」の日の出にスポットを当てご紹介しちゃいます。

耳取峠へのアクセス方法

基本的には車での訪問が無難です。バスだと便数の少なさに泣かされる覚悟が必要です(;´∀`)

枕崎市街地から比較的近くにあり、鹿児島市街地からダイレクトに訪ねるなら枕崎方面からがよいです。枕崎市街地を走る国道226号を坊津方面に走り、枕崎市と南さつま市の境から車で3分ほどのところにあります。逆に加世田方面から南さつま海道八景をぐるりと回るコースなら、それなりに時間がかかるので注意しましょう。

住所

〒898-0101 鹿児島県南さつま市坊津町坊

地図

耳取峠からの日の出

ここからの日の出を見るには、開聞岳を目印にどのあたりに日の出が出るのかを事前に知っておく必要があります。そこで便利なのが「日の出日の入り時刻方角Map」まずは、このサイトで行こうとしている日の日の出方角をしっかり確認しましょう。

管理人が訪ねた日は11月の上旬。ススキの存在感が嬉しいです

ご来光。開聞岳の頂上から・・とはいきませんでしたが、薩摩富士から昇る朝日をとらえることができました(^^)/

引いて見るとこんな感じです。開聞岳の存在感が際立ちます

ススキにもクローズアップ。バックに太陽があると、朝日といゆより夕日のようですね

ここまで昇ってくると、開聞岳と太陽の位置のバランスが良く感じます。

ぼんやり眺めている間に、どんどん太陽が昇ってきました。太陽の動きの速さを肉眼で感じるのは、日の出と日の入りの瞬間だけでしょうね

開聞岳を中央にして撮影してみました。お気に入りの一枚です(^^)/

まとめ

耳取峠の日の出、いかがでしたでしょうか?

季節としては秋、冬がおすすめ。その理由は、開聞岳の近くに日が昇るからです。3月~10月中旬まではあまりおすすめではないです。

それだけ開聞岳って訴えかけるものがあり、海や枕崎の街並みとあわさって素晴らしい景色となります。

是非とも冬の間に、ちょっぴり早起きして訪ねてみてくださいね!

それではまた(o・・o)/~

鹿児島の風景写真集
写真クリックをすると撮影場所がわかる写真集!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 takuya noda

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう