調所広郷(ずしょひろさと)像:薩摩藩きっての能吏 汚れ役に徹した藩政改革

シリーズ鹿児島の銅像を巡る~vol.10~

明治維新。その偉業や成し遂げた人々の活躍が注目される出来事だが、物事を成すには伏線がある。歴史をさかのぼれば、全国各地、多くの伏線がつながり成し遂げられたことだが、今回は薩摩の伏線のひとつ調所広郷の活躍について取り上げたい。

調所広郷

調所広郷の歴史

調所広郷は、安永5(1776)年3月に川崎主右衛門基明の次男として生まれ、天明8(1788)年 調所清悦の養子となる。その十年後の寛政10年(1798年)江戸へ。島津重豪公にその才能を見出されて登用され、使番や町奉行を歴任。小林、鹿屋、佐多の地頭を兼務し、順調に実績をあげていく。

ところが、そんな調所に無理難題が降りかかる。

大赤字の薩摩藩

当時の薩摩藩は、収入13万両に対して支出は約20万両。そのうち5割(10万両)が参勤費用を含む江戸藩邸の維持経費。4割(8万両)は借金の利払いというまさしく火の車。この状況で調所は、文政11年(1828年)財政改革主任を命じられるのである。この時、藩債(半の借金)が500万両だったという。

砂糖の専売と密貿易

この無理難題に対し、調所は離島の特産品である黒砂糖を活用。砂糖の専売制を行い、耕作から保管、運送、販売に至るまで藩による一元管理とし経費削減と増収を図った。さらに、幕府の目を逃れ、琉球や清との貿易を拡大(密貿易)し利益を拡充。

借金の踏み倒し

収入を増やしても出るものを減らさないと貯まるものも貯まらない。そこで調所は藩の借金返済について「250年の無利子による年賦返済」を商人たちに一方的に通達。一応、返済の約束はしているが、現実的ではなくほぼ借金を踏み倒したといっても過言ではない。当然、破綻する商人たちも出たが幕府は事態を黙殺。この裏には調所が事前に幕府に献金を行っていたからではないかと言われている。しかし、商人への懐柔も忘れてはいない。先に挙げた砂糖販売の利権を与えて商人たちに与えることで利益を供与している。

財政手腕と財政回復

ただ倹約するだけではなく甲突川五石橋など必要な投資と思われるものは商品開発なども含め積極的に投資。あらゆる財政改革を次々と断行した結果、天保11年(1840年)薩摩藩は250万両の蓄えが出来る程にまで財政が回復したといわれている。

※移設され今も残る石橋は下記記事を参考に

石橋記念公園
鹿児島市 石橋記念公園
2015-10-16 23:25
【鹿児島市 石橋記念公園】※高齢者・介護者向け情報あり 島津重豪公の命により甲突川にかけられた5つの石橋のうち3つを移設した公園。(敷地内には博物館もある) 8.6豪雨により「武之…

お由羅騒動と最期

そんな折、幕末薩摩藩のおいて痛手となるお家騒動が起きる。世に言う「お由羅騒動」である。

※お由羅騒動については下記記事を参考に

赤山靭負(あかやまゆきえ) 墓所:お由羅騒動で惜しくも散った西郷隆盛の思想に影響を与えたとされる薩摩藩士 @日吉
2016-09-21 23:50
日置市日吉町にある赤山靭負墓所の紹介。 まずは赤山靭負という人物についてご紹介したい。 赤山靭負の歴史 では生い立ちから赤山靱負についてみていこう 生い立ち 赤山靭負(ゆきえ)は文…

 

この島津斉興公の後継を巡る斉彬派と久光派との争いで調所は久光派を支持する。ところが斉彬公を押す幕府老中 阿部正弘に密貿易の件を糾弾され進退きわまる。その後、江戸の薩摩藩藩邸で自殺。享年73歳。密貿易の責任が斉興公に及ばないようすべての責を負った自殺と言われている。この後、調所家は家禄と屋敷を召し上げられ、家格も下げられた。薩摩藩のために尽くした能吏の最後としてはあまりに悲しい最期だったといえる。

再評価

密貿易や借金の踏み倒し、住民への課税強化などの政策が多かった点や、西郷さん、大久保さん視点の物語では、久光公派の調所広郷は悪く描かれる事が多いことから、あまり世間によい印象を持たれている事が少ない。だが間違いなく薩摩藩を救い、明治維新を陰で支えた功労者である。のちに斉彬公によって行われる集成館事業なども含め、彼が残した藩の蓄えがなければすべての物事は破綻していた。

個人的には、大久保利通や石田光成などに似ていて、政治的手腕、行政的手腕に優れた政治家であり、忠義や志を一本気に貫く人という印象。それ故、時に冷酷に映る政策も”藩のため”に必要なことと断行できたのだと思う。そもそも、普通の手段では出来ないことをやるには、それだけ常軌を逸したことをしないと解決できなかったのだ。

藩の財政立て直しと明治維新の布石となる資産の構築。これだけのことをしながら、その最後は密貿易の罪を一身に背負い亡くなった調所広郷。今一度、彼の功績を称え、墓参したいものである。

 

調所広郷像

平成10(1998)年3月、天保山公園に建立。道路沿いに不意に現れる。なぜこの場所に・・?

鹿児島観光

地図

※現在、Google MAPに追加申請中

調所広郷とゆかりの地

調所広郷と縁のある場所や人

美山との関係

日置市東市来町美山には、調所広郷の招魂墓が残る。これは調所が同地の薩摩焼増産と陶工の生活改善に尽くしたことから、同地域では調所の死後もその恩義を感じて調所の招魂墓を作り、今も大切にされている。

美山に残る調所広郷招魂墓

img_2240

img_2241

豪商 濱崎太平次

調所広郷を支えた指宿の豪商。

指宿港にある濱崎太平次の像
濱崎太平次像:指宿が生んだ幻の豪商と明治維新
2016-07-16 23:56
シリーズ鹿児島の銅像を巡る~vol.8~ 明治維新は鹿児島が誇る偉人たち、また、長州をはじめとする他の志士たちとの協力により成し遂げられたものだ。 ただ、考えてほしい。 事を起こす…

霧島市国分資料館

調所家に伝わる刀が展示されている。

西郷隆盛の書
霧島市立国分郷土館:国分の歴史民俗資料だけでなく西郷隆盛の書なども展示
2016-06-17 00:21
福山で島津忠将公の供養塔を発見後、島津忠将公の墓所を調べに国分を訪ねた。 参考記事:島津忠将公供養塔(七寶塔):義弘公に繋いだ次男猛将伝説。元祖はこの武将 これに関しては、調べてい…

調所広郷邸跡

平田靱負屋敷跡の道路向かい側にある調所広郷邸跡。残念ながら今はマンションが建っており、その一角に案内と碑があります。

地図

調所広郷のお墓

鹿児島市にある福昌寺跡に調所広郷のお墓はあります。

福昌寺跡
福昌寺跡:斉彬公や歴代島津家の名君たちが静かに眠る場所
2015-07-18 22:52
鹿児島玉龍高校の裏手に島津本家の殿様たちが眠る墓所があります。今回はそちらに行った時のレポートです。 福昌寺は、応永元年(1394年)島津氏第7代当主島津元久公が妙円寺を建てた石屋…

 

西郷どんを楽しむ企画

明治維新と西郷どん
島津家の歴史

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
友だち追加
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 takuya noda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





関連キーワード
  • ARvo:おやつランキング鹿児島代表の”茶くらじま”がブレイク必至!ランチと一緒に楽しもう!
  • 天文館の「とんかつ一頭揚げ 亀かわ」で南国スイートと呼ばれる豚肉を堪能!
  • 休暇村指宿:じわじわと話題になりつつある地域に根差した老舗温泉宿泊施設の実力!
  • 錦江湾を望む東郷平八郎像
    東郷平八郎像と多賀山公園:歴史のターニングポイントになった存在
  • 【日置市】Arumei ~アルメイ~:伊集院で品数豊富で味も確かなランチコースを堪能!
  • 忘れの里 雅叙苑 日帰り温泉:ランチと一緒に楽しむ高級旅館の贅沢時間