赤山靭負(あかやまゆきえ) 墓所:お由羅騒動で惜しくも散った西郷隆盛の思想に影響を与えたとされる薩摩藩士 @日吉

日置市日吉町にある赤山靭負墓所の紹介。

まずは赤山靭負という人物についてご紹介したい。

赤山靭負の歴史

では生い立ちから赤山靱負についてみていこう

生い立ち

赤山靭負(ゆきえ)は文政6(1823)年1月。戦国期における島津四兄弟の三男 島津歳久公を祖とする日置島津家に生まれた。

⇒島津歳久公とそのゆかりの地についてはコチラ

 

父は日置島津家12代当主島津久風公。兄は第29代島津本家当主 島津忠義公の主席家老を勤めた島津久徴。弟は西南戦争で西郷隆盛と共に城山で戦死した桂久武

 

靭負は
天保12(1841)年 小納戸見習行奥小姓
天保15(1844)年 江戸滞在中に供目付を兼務
弘化 3(1846)年 槍奉行
その翌年には、軍役方掛と藩内での要職を歴任。

赤山靭負と西郷隆盛との関係

順風満帆な出世と実績を積み重ねてきた靭負。御用人には西郷の父である吉兵衛がいた関係から、その息子である西郷隆盛とも親しい間柄だったと言われている(4歳という歳の差や郷中教育を考えると、おそらく兄貴のような存在だったのではないだろうか)

ただ、そんな靭負の人生に暗雲がかかりはじめる。

暗雲

時の薩摩藩では、58歳になった島津斉興公が息子である斉彬公になかなか家督を譲ろうとしない状態が続いていた。
この理由の一つとして、息子の斉彬公に対して、藩財政を極端に悪化させた祖父島津重豪公の姿を重ねた事が考えられる。斉興公の祖父、つまり斉彬の曽祖父にあたる重豪公は、西洋などの文化品を好み、薩摩藩内に数々の開化政策を施した人物だが、蘭癖大名と呼ばれるほど多くのお金を派手に使ったと言われている。

この重豪公の浪費が原因で、薩摩藩内の財政は急速に悪化。最終的に500万両という借金を抱えることになってしまった薩摩藩。斉興公は、負債を家老 調所広郷や豪商 濱崎太平次らの活躍でようやく改善してきたところだったため、重豪公の思想を色濃く受けた斉彬公への家督移譲による財政悪化を危惧していたと考えられる。

また、悪い事は重なり、斉興公にはお由羅の方という側室がいたのだが斉興が最も愛した女性だったといわれており、その子久光公をかわいがっていた。これも家督移譲に影響を与えたといわれている。

ただ、なかなか進まない家督相続に対し、斉彬公を慕う家臣団の一部はおおいに不満を持っていたという。その中には靭負の姿もあった。

お由羅騒動

そしてついに、彼らは「斉興隠居・斉彬擁立」へと動きだし活動を始めた。ところがこの反体制派の動きはいち早く斉興公の耳に入る。この計画を知った斉興公は烈火のごとく激怒。ことの中心人物である高崎五郎右衛門と近藤隆左衛門の両名に切腹を命じ、これに関わった者達に対しても、切腹や遠島、謹慎といった重い処分を下した。これがいわゆる「お由羅騒動」と呼ばれるお家騒動である。※この時、大久保利通は失職し父利世も喜界島に流罪となっている。

そして、赤山靱負もこの騒動の中心的人物と目され、切腹を命ぜられこの世を去るのである。

切腹

その際、介錯をしたのが、西郷隆盛の父である西郷吉兵衛だったといわれている(吉兵衛は靭負の遺言を聞き、臨終を見届けて一切の処置をとったが、介錯をしたのは加藤新平だったという説もあり)

西郷隆盛の涙

吉兵衛は靭負の血染めの肌着を貰いうけ、子の隆盛はもちろん家の者にその最期を伝えた。青年の頃から赤山の影響を受けて育った西郷は、赤山の見事な切腹の様子を父から聞くと、鮮血のついた肌着を拝して号泣し、終夜その袖を抱いて泣きながら過ごしたといわれており、西郷に大きな影響を与えた事件だといわれている。これについては、のちに斉彬公を支えた西郷の活躍にみる事が出来るだろう。

そして、無念の死を遂げた赤山の意志を受け継いだ西郷はさらに大きく飛躍していくのである。

お墓

さて、ここからは赤山靭負のお墓の現在である。赤山靭負のお墓は、日置市日吉町日置の桂山寺跡にある。

※関連記事

桂山寺跡(島津忠隣公墓所):日置島津家の系譜は赤山靭負を生み、その意志は西郷隆盛へ引き継がれる @日吉
2016-09-21 00:06
日置市日吉町日置。県道37号線から城の下地区から日新小方面へ曲がった道の先に桂山寺跡がある。 桂山寺跡(島津忠隣公墓所) 桂山寺の開基は不明だが、日置島津家三代目当主常久公が父忠隣…

 

桂山寺跡の仁王像に向かうあぜ道の途中
img_2139

左手に案内が。。ん、、ここを進むのか。。ちと険しいな。。
img_2145

竹が茂っているが、切り開いてくださっているあとがある。地元の方や教育委員会の方々だろうか。。感謝いたします。

そして、進んでいくと。。ありました。途中、クモの巣が多いです。クモには申し訳ないのですが振り払いましょう(笑)
赤山靭負

img_2144

これが赤山靭負のお墓。桂山寺跡にある島津忠隣公のお墓もそうですが、ちょっと状態がつらい。。
img_2143

img_2142

その他にも島津家のお墓などがあります。一番左は赤山家の祖赤山久辰の墓塔です。
img_2141

2018年の大河ドラマが「西郷どん」ということで、おそらく手が入るでしょうが、継続して守っていくには限界があるでしょう。少なからず訪ねた時は少しでも綺麗にして墓参したいものです。

高齢者、障害者のための環境情報

道路沿いに車を停めあぜ道を歩いていきます。トイレはないです。ハチやヘビなどにお気を付け下さい。足元が不安な方は杖があるほうが安心と思われます。

地図

※MAPに登録されていなかったのでストリートビューでご紹介。この先にあります

西郷どんを楽しむ企画

明治維新と西郷どん
島津家の歴史

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
友だち追加
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 takuya noda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





関連キーワード
  • 豆富家ようぜん:こだわりの豆腐やスイーツが人気のおしゃれなお豆富屋さん @光山
  • 鹿児島のおすすめランチ
    カーサヴェッキオ(casa Vecchio):南イタリアの雰囲気!指宿駅前の南国バル!
  • Oose cafe(オオセカフェ ):パンチのきいたBEEF100%ハンバーガーを体感!宇宿の新スポットに急げ!
  • 桐野利秋 別府晋介の生誕地:最後まで西郷隆盛を支えた二人の生家跡
  • 可愛山陵(新田神社):ニニギノミコトの陵墓と子宝祈願でも有名
  • 金山橋と板井手の滝
    姶良市 金山橋と板井手の滝