大隅の代表的な滝と言えば「雄川の滝」や「神川大滝」どちらもしっかり観光地化されて、県内外から多くの観光客が訪れる大隅屈指の観光スポットになりましたね!

それ自体は、大隅の活性にとっては素晴らしいことで、地域資源を十二分に活かした結果だと思っています。

ただ、管理人のような天邪鬼な滝マニアにとっては少しさみしいことでもあるのです。。

多くの滝は観光地化されると展望所が付き、道中も綺麗に整備されます。これは不特定多数の人が安全面に訪れるための当然の対応です。

でも、これにより滝にたどり着いた時の高揚感はかなり失われます。。

※こんなこと書いたら某方面から怒られそうだな。。(^^;)まあ、私と同じような極々一部の滝マニアへの記事と思いお見逃しくださいませ。。

ちょっと前フリが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、観光地化された滝が苦手な人にご紹介したい肝付町の清純の滝です(^^)/

この記事を要約すると
・観光地化されていない滝を目指すならココ!
・徒歩で2.5kmある
・猪や猿に注意!

清純の滝の詳細情報

まずは清純の滝の場所や行き方をチェックしましょう!

アクセス

間違いなく車必須です。県道542号二股川キャンプ場の道路向かい側の林道を行きます。下記の画像だと左手に入ります

地図

清純の滝突入レポート

県道542号から林道に入ったところ…

現在、舗装工事の関係で車両は入れません。すぐそばの空き地に車を停め歩いて向かうことになります。途中までは、そこまで道が荒れていないのですが、徐々に斜面になるにつれ、こんな感じになってきます⇩

車OKでもこの状態だったら歩いて行っていたかも。。でも、途中の小川のせせらぎに癒されますね。。

とにかくこんな感じの道を2km以上歩きます。。遊歩道を歩くのが好きな人にはなんてことないと思いますが…

気分的には、ちょっと前にあったサントリーの水のCMみたいなノリでいくと楽かもです。私はメッチャ疲れましたけど(苦笑)

そんなこんなで、ようやくみえてきたのが

朽ち果て気味な案内と欄干がぶっ倒れている橋(^^;)

この橋。。板が抜けたりしないだろうな・・と、丈夫そうなところを選んで通過。踏み込んだ感触的にはもう少しの間は持ちそうな気がする。。(多分)

そしてその先に行くと…

完全に崩壊しとるやないか!

(´;ω;`)

ここは冷静に左側に降りれば無事に渡れます。。そんなこんなで、進む道はこんな感じに⇩

途中、猪の沼田場みたいなのもあれば、猿らしいのもいるし。。完全にアウェー。。野生の世界です

この辺りからドラクエ2のフィールドミュージックに気持ちが切り替わります。

はい。。仲間がいないので孤独感を感じるこの曲です(´;ω;`)

なんか出てきたらと、三脚を武器気味に持ち替え、構えながら覚悟を決め進むと…

 

水の音がだんだんと近くなってきましたよ!

 

そして…

おおっ!!

到着です!!(^^)/

途中の道のりをかなり略して書いているので伝わらないと思いますが、これ滝の音が聞こえて見えてきた瞬間、

めっちゃ嬉しくなりますよ!

事前に一定の位置情報を調べて来たとはいえ、目的地への明確な地図もなく、行ききれるのかわからない不整地の林道や森の中を歩いてたどり着くというのは。。本当に気持ちが良いです!

ダイナミックな落差20mの滝を独り占め!

しばし岩の上に座り、眺めて過ごします。。

大隅の秘境 清純の滝

いい滝に巡り合えたな。。ホント・・

おまけ 南大隅町某所にて

清純の滝を訪ねた後、その勢いで南大隅町の某秘境滝を目指しました。そこは清純の滝よりも道中が困難で、途中、やや急な傾斜をクリアする必要があったので途中で断念しました。

行きつくことはできませんでしたが、水のあまりのきれいさに感動しましたので写真だけ載せておきます。

人の生活が及んでいない場所ですので、昔から変わらない清流が保たれています

ひんやりとしてとても気持ちの良い水でした。。

まとめ

昔、まだ整備される前の雄川の滝に行ったことがあります。道だか何だかわからないルート。やっと着いた滝の雄大さ、水の美しさ、砂地の綺麗さ、今でも心に残っています。

でも、今の雄川の滝は今の雄川の滝でいいのです。多くの人が楽しめる場所になったのですから。

ただ、少し苦労しながら、滝にたどり着く瞬間を満喫したい人には、今回の清純の滝をお勧めしますよヽ(^o^)丿

注意!
・季節によっては、猪や猿が出る可能性やマムシ、スズメバチなどに遭遇する危険性もあるため、冬の散策や複数での散策を推奨します。

肝付町のスポット

鹿児島の風景写真集
写真クリックをすると撮影場所がわかる写真集!

それではまた(o・・o)/~

鹿児島がテーマのS.N.S
インスタ風で使い道は様々。鹿児島の口コミ情報が集まります

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 takuya noda

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう