ちょうど一年ほど前に訪ねた観音滝公園。

観音滝公園:四季折々の楽しみがある自然満載の公園 @さつま町
2016-10-03 22:53
春はさくら、夏はキャンプ場として家族連れで賑わい、紅葉の秋には多くの行楽客が訪れ、冬は温泉に綺麗な夜空。。 四季折々の楽しみがある観音滝公園に遊びにいってきました。 各施設 アスレ…

前回は紅葉時期ではなかったので、今回は紅葉を楽しむために訪ねました(^^)/

アクセス

場所はさつま町。鹿児島市内からなら、高速姶良IC⇒蒲生ルートが良いかもしれません。

地図

観音滝公園の散策

いつも観音滝公園に来た際は、一番下の駐車場に停めてしまうのですが、今回はこの入口ゲートそばの駐車場に車を停めて、滝の上からのルートを進んでみます。上からのルートってあまり知られていないですよね(;・∀・)

 

実は私も知りませんでした。。

グランドゴルフのコースを横切り奥に行くと。。

水の音が心地よい沢につきます。実はここにも滝があります。この写真じゃ伝わりにくいのですが、結構高さがあり、高所恐怖症の私は腰が引けてしまいました( ;∀;)しかし、この岩盤。。長い年月をかけて削られたんですね。。

ちなみに近づけないように柵が設けられています。昔は行けたようですが安全面を考慮しているとのこと。

滝の向かい側のルートに降りてきました(^^♪

モンゴルのゲル

そして、観音滝とちょうど反対側にあるキャンプ場の奥には秘密裏に建てられたモンゴルの住居「ゲル」が!

特別に中を拝見(^^)/ありがとうございます!!!

モンゴル政府を経由した純正100%!使われている木もすべてモンゴル産!

諸々、準備中ということですが、近いうちにキャンプ施設のひとつとして使われる予定とのこと!これは楽しみ!

紅葉

さて、今回のメインの紅葉です!川沿いから

この小さな橋のそばにある紅葉が一番赤く色づいていました。

やはり川の流れとのコントラストはよいです(*^▽^*)

観音滝公園には他にも滝がありまして、観音滝に向かう途中、右手にあるこの滝の前のもみじも見事でした!

もみじは新緑の季節にも見事な春の彩りをみせてくれるので、春も見に来たいですね!

     

紅葉の向こうで歩くひとたち

観音滝とその周辺

ではでは観音滝周辺はどうでしょうか??

いやー見事です!!(^^)/鮮やか!

今年は台風の影響で、もみじの葉が散ってしまった影響もあったとのことですが、それでも素晴らしい景観でございました!

観音滝温泉 滝の宿

観音滝公園の丘の上には、宿泊や食事、温泉などが楽しめる”観音滝温泉「滝の宿」”があります。

最近は、イベントの開催や今までにないキャンプの形も模索しており、地元の癒しスポットとしても、宿泊観光地としても注目なのです。

中庭からのパノラマ写真

中庭から公園を見下ろす景色がなかなかのものです。

パノラマコンテンツ

温泉

泉質は弱アルカリ性単純温泉。刺激が少なく老若男女すべての人に優しい泉質です。公園の自然を散策した後にゆったりと過ごせるのはありがたいです!

※観音滝公園公式ページより

料金

  • 大人16才以上     330円
  • 子供6才以上16才未満   150円
  • 幼児6才未満       無料

食事

別なところで食事をしてきてしまったので、この日は利用できなかったのですが、次回は「黒毛和牛筍丼」を頂きたいと思っています!

※観音滝公園公式ページより

公園情報

住所

薩摩郡さつま町中津川7601

場所

約200台

定休日

なし

HP

http://www.kannondaki.com/

Twitter

観音滝公園

バリアフリー情報

観音滝公園の環境情報はコチラ

紅葉の見頃

10月下旬~11月上旬

まとめ

いつも似たようなことを書いているのですが、季節というのは一年に一回なので、紅葉とか花とか、季節のものを見れるチャンスというのは100回もないわけです。なので、私も残り30回~40回…場合によってはそれよりも少ないかもしれないチャンスを大切にしたいと思っています。

 

今回は観音滝公園で素晴らしい紅葉と滝、散策、そして温泉を体験させていただきました。まだまだ素敵な場所は地域にたくさんある!

 

そう実感させてくれる場所です。温泉やお食事も兼ねて是非行ってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





関連キーワード
  • 観音滝公園:四季折々の楽しみがある自然満載の公園 @さつま町
  • 観音滝公園の紅葉と景色&温泉を楽しむ
  • 【さつま町】山崎農場 農cafe山崎 :囲炉裏のある古民家ですする自家製蕎麦が心に染みる
  • 紫尾山 一ノ瀬滝:千尋の滝に続く第一の滝 @さつま町
  • 永江の滝:落差21m 流れ矢の入り江が由来となった三国名勝図会にも残る滝 @さつま町