永江の滝:落差21m 流れ矢の入り江が由来となった三国名勝図会にも残る滝 @さつま町

さつま町にある永江の滝は、県道462号線から南方川に沿って上流に進むと道路沿いに現れます。

永江の滝

img_2215

展望するには?

展望所も設けられてはいますが、道路沿いから見る姿の方が、滝に近く見やすいように感じました。
img_2214

名前の由来

永江の滝の名の由来としては、中津川城というお城の攻防戦において川に多くの弓矢が流れ、矢が入り江を作ったことから「流れ矢の入り江」と呼ばれたのが永江となり、この滝も永江の滝と呼ばれるようになったそうです。ちなみに川の上流にも「矢」や「弓」にちなんだ名称があるそうで、それも由来になっているのかと感じさせます。

また、今は永江の滝といわれていますが、江戸末期に薩摩藩により編纂された「三国名勝図会」には「長江滝」として紹介されているようです。

滝を下から見れる?

この日、管理人が道路沿いより写真を撮っていると、地元の方に声をかけられました。

「どちらからですか?いい滝でしょう(^_^)」

そこからしばし談笑しましたが、地元の方が自慢できる自然はやっぱりいいですね。終止、笑顔でお話してくださりました。
img_2216

お話を聞いたところ下に降りれる道もあるとのことで向かいましたが、草木が覆い茂っており今回は断念しました。

冬場にしかるべき装備を整えて臨んでみようと思っています(笑)

そばの田んぼは色づきはじめてました。のどかな場所なので、心が安らぎます(^_^)
img_2217

高齢者、障害者のための環境情報

道路沿いからみる事ができ、路肩にわずかなスペースがあるので車は停めやすいです。車から出て見下ろす形の方がみやすいです。車の通行は少なめですが十分お気を付け下さい。

地図

西郷どんを楽しむ企画

明治維新と西郷どん
島津家の歴史

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
@ksw1934xで検索!もしくは⇩
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





関連キーワード
  • 【さつま町】山崎農場 農cafe山崎 :囲炉裏のある古民家ですする自家製蕎麦が心に染みる
  • 観音滝公園:四季折々の楽しみがある自然満載の公園 @さつま町
  • 紫尾山 一ノ瀬滝:千尋の滝に続く第一の滝 @さつま町
  • 永江の滝:落差21m 流れ矢の入り江が由来となった三国名勝図会にも残る滝 @さつま町
  • 観音滝公園の紅葉と景色&温泉を楽しむ