伝説の古井戸を訪ねてみました。

玉乃井

概要

神武天皇の祖父、彦火々出見尊(山幸彦)が、なくしてしまった兄の釣り針を探している際、この地で朝夕、井戸を汲んでいた豊玉姫と初めて出会ったといわれています。
その時の井戸と言われているのが、この「玉乃井」です。※そのゆかりからか、この付近の土地は玉井という地区になります。

12806039_749003278567193_4673005408059668770_n 12814222_749003281900526_4121494069316625038_n

道のり

池田湖方面から開門方面へ続く道であれば、枚聞神社の手前の直線左手に不意に現れるため見過ごしがちです。
駐車場はないですが、道路向かい側の路肩がやや広いので、そちらに車を停めて御祈りにいきました。

10357121_749003351900519_494155576270555262_n
木々に守られた井戸の周囲はとても綺麗にされており、足を踏み入れるのを躊躇したほどです。

10407429_749003285233859_4583490856034919839_n 12801133_749003361900518_2492506304148446420_n
薩摩川内市の新田神社と可愛山稜の時もそうでしたが、枚聞神社のにぎわいと対照的な場所。
それがまた、神話ゆかりの地の特徴なのかな?とも思っています。
池田湖や唐船峡へ県外の方をお連れする際は、この「玉乃井」も是非、ご紹介していただきたいです。

高齢者・障害者向け環境情報

本文にも書いていますが、駐車場はないので車に乗降する際はお気を付けください。井戸手前に三段段差あり。その先は土の地面。
最寄りのバス停:鹿児島交通 玉ノ井停留所(そこから徒歩5分圏内))

地図

 

鹿児島がテーマの写真サイト

鹿児島よかもん再発見!各ページにリンクしてますので、より直感的に行きたいところが見つかります

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

検索はコチラから
焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう