スポンサードリンク

ぽっかりと予定が空いた休日。近くにいるからこそ「いつか行こう」と先延ばしにしていた指宿市今和泉へついに出発。篤姫ゆかりの地 駐車場に車を停め、朝から散策開始です。

指宿市 今和泉散策

スポンサードリンク

今和泉島津屋敷跡

まずは、江戸時代に整備された町割を通り、今和泉島津屋敷跡の石垣へ。

12039759_753861684748019_7213892709580891666_n
松林と海。やはり絵になる風景(テトラポットが。。泣)

1934478_753862541414600_6425260715040218025_n

今和泉島津家の屋敷跡はそのまま小学校になっているため、手水鉢や井戸跡は見学は断念。※校内で台帳に記名して中を見学することもできるそうです。

10269573_753862574747930_445320813194039554_n

於一像

レプリカの手水鉢と於一(篤姫幼少期)像がある場所でしばし休憩。
IMG_2080

地元の方々、もしくは行政の方々でしょうか。もくもくとゴミを拾われていました。

1934578_753861651414689_2128745383326708110_n

孝女「袈裟子」の碑

その後、今和泉公民館前の孝女「袈裟子」の碑へ

12841259_753862614747926_7956013239379837234_o 10156130_753862558081265_1828011274160829435_n

説明文によると
「袈裟子は1780年、岩本字高目浦で生まれた。妹を早くに亡くし、一人で父母の世話をした。母は71歳で死去。父も次第に手や足が不自由になり87歳でこの世を去る。袈裟子は生まれつき口が不自由であったが、苦しい生活の中で昼は仕事に励み、夜は寝ずの看病をするなど、至れり尽くせりの世話をした。そこで2代、3代の今和泉島津家領主はその孝養を褒め称え、袈裟子が51歳で亡くなるまで金銭と米を賜った。また、4代領主はその善行を石に刻んで、生誕地に碑を建てたのである。その後百年を経て、当時の記録も碑も姿を消してしまったのでここに建立する。」
とのこと。どうも昭和7年に再建されたものだそうですが、親を敬う精神に見習うべきものを感じました。。

豊玉媛神社

さて続けて、その先の踏切を渡り、通称「デメジンサー」と呼ばれている豊玉媛神社へ。

944664_753862691414585_5885304920370880078_n 10530800_753862661414588_1406628435371384151_n
ここの見どころは仁王像。

元禄8年(1695)に制作されたものですが、今和泉島津家の菩提寺である光台寺に宝暦7年(1757)に寄贈。ところが明治2年の廃仏毀釈に伴い破壊されてしまいます。それが、民家の石垣で見つかり、指宿市の考古博物館で復元し、2007年、250年ぶりに豊玉媛神社に戻ってきたというものです。実に田舎らしい風情のある神社です。

今和泉島津家墓所

最後は、今和泉島津家墓所。※H28年9月の台風16号で倒木による被害あり

1936827_753863518081169_6624604126790341731_n 1936102_753863608081160_8137879724738688381_n  1545221_753863568081164_5426341411216597045_n 1930745_753863541414500_3489341792982303738_n

ここには、今和泉島津家初代の忠郷公から5代忠剛公(篤姫の父)忠冬公(篤姫の兄)までの6代の殿様と奥方などが埋葬されています。

墓石灯籠も見事ですが、石畳もしっかりしています。

1044175_753863571414497_8908453497245117844_n

※途中、光台寺跡や田の神様(たのかんさあ)がありましたが撮影し損ねました。。申し訳ありません。
すべて歩いて1時間半かからないぐらいでしょうか。。良い運動にもなります(^_^)
近年、まち歩きの推進を行政やNPO主体でされていますが、これってやっぱり素晴らしいです。

健康のために歩くより、観光や見たいものなど(目的)のために歩いたほうが、楽しいですし、いつの間にかたくさん歩いちゃいます。
そういった意味で、今和泉はとてもよいコースです(^_^)

972181_753863641414490_4644129286155264415_n
歩いて、見て回って、梅里さんで食事して、温泉で疲れをとって帰る。。
1日でできる立派な旅行です。お出かけの参考にしていただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ

鹿児島だれやめ日記

スポンサードリンク