久しぶりのお食事レポート(^^)/

今回は、H30/7/10鴨池(騎射場エリア)にオープンしたばかりのお店「meshiya park 108(メシヤパーク トワ)」さんにランチで行ってまいりました!

アクセス

騎射場交差点から歩いて数分の場所にあります。車の場合は近くのコインパーキングを利用しましょう。お店は階段をのぼった二階にあります。

地図

お店レポート

お店のコンセプトが【公園のように気軽に集まれて、仲間内や大切な人とゆっくりとした時間を楽しめる空間】と、いうことで店内はウッドと緑に囲まれた落ち着いた雰囲気

管理人が撮影した店内写真が上手くお店の雰囲気を表現できていなかったので、meshiya park 108さんの公式instagramより写真をお借りしました(^^)/

カウンターの雰囲気とかメッチャいいです

 
 

メニュー

以下、ランチメニューです(^^)/※H30/8現在

  • SPECIAL 108ワンプレートランチ【限定10食】:1,380円(税込)
  • からあげ定食:880円(税込)
  • 魚の炭火焼き定食:850円(税込)
  • チキン南蛮定食:980円(税込)
  • 次世代のカツどん:980円(税込)
  • お子ちゃま定食:600円(税込)
  • 1日がハッピーになるデザート:+ 300円(税込)

ドリンク

ウーロン茶/カルピス/オレンジ/コーラ/グレープフルーツ/ジンジャーエール/コーヒー(HOT・ICE)

実食

次世代のカツどんがめちゃくちゃ気になったのですが(笑)

ここはやはり限定のSPECIAL 108ワンプレートランチを注文させていただきました!

ワクワクしながら待っていると・・

木のプレートにのったお料理が到着!

 

どじゃじゃーん!

ヽ(^o^)丿

お出汁をプルプルにした見た目も涼しげな茶わん蒸しや

存在感抜群のひじきご飯のおにぎり

煮魚、お味噌汁など、和のテイストを織り交ぜたワンプレートランチです!!

カウンター前に野菜ボックスがあるんですが、そういった野菜をしっかり使って、味付けも出汁を主体とした実に日本人らしい、日本人が好きな味付けなんですよね。なんというか、おしゃれでありながら、毎日食べたくなるあきのこない味付けです。

一人暮らしの大学生が多い地域なので、家庭の味が食べたくなりつつも、友達と談笑しながらおしゃれな場所で食事したいってときは迷わずココでしょうね。

また、多少年齢層高めでも良いと思うので、母娘とかで訪ねるのもありですよ!

ちなみにこの日の最後はデザートは夏らしい冷たいぶどうゼリー

個人的に器などにもセンスを感じました←偉そうにすいません。。

夜営業も注目!

ご主人は元々、居酒屋さんで働いていた経歴の持ち主なので夜の営業も押さえておきたいところ

ランチや店内、器などのこだわりからわかるように、お料理の味はもちろんフォトジェニックの意識も高いので、きっとインスタ映えも間違いなし!なのです(^_-)-☆

実際のお料理をまたまたInstagramからお借りしました

 
 
 
 

まとめ

そういえば大事な部分をお伝えするのを忘れていました!

それはご主人さんや奥様をはじめお店で働く方々の気さくな雰囲気。これがお料理の味、見た目、お店のオシャレ感にまったく負けていないこと!

マニュアルではない、おもてなしの気持ちとか、人間性の部分とか、そういったものがとても素敵だなーと感じました

ということで、たびたび訪ねようと画策しているので、混雑はしてほしくない。。

なのであまり皆様には行ってほしくない。。(笑)

けど、気になる方は下記にネット予約のリンクも案内しておりますので、是非どうぞ(*^-^*)

営業時間・予約情報

以下、meshiya park 108(トワ)さんの営業時間・予約情報になります。

HP・S.N.S

予約

営業時間の詳細や予約はコチラから⇩
meshiya park 108(トワ)
meshiya park 108(トワ)
ジャンル:昼☆カフェ/夜★居酒屋
アクセス:鹿児島市電(系統1)騎射場駅 徒歩5分
住所:〒890-0063 鹿児島県鹿児島市鴨池1-5-5 2F(地図
ネット予約:meshiya park 108(トワ)のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 鹿児島市×居酒屋
情報掲載日:2018年8月22日

それではまた(o・・o)/~

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
@ksw1934xで検索!もしくは?
友だち追加
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 takuya noda
焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう