黒神埋没鳥居:桜島に今も残る大正大噴火の痕跡

鹿児島県民が最も不安視する自然災害は桜島の大噴火ではないでしょうか?今回はその痕跡を訪ねた際のレポートです。

img_1906

黒神埋没鳥居 概要

1914年(大正3年)桜島の大噴火により高さ3mあった腹五社神社(黒神神社)の鳥居は笠木部分を地上に残し埋没してしまいました。噴火後に当時の東桜島村長 野添八百蔵氏の提案で現在も噴火直後の姿(埋もれたままの姿)が残されています。

桜島大正大噴火時の写真(オリジナルカラー化処理)

以前にご紹介しましたが、当時の写真をカラー化したものです。カラー化したことによりリアリティが増して見えます。

bour28 桜島大正大噴火 bour22 桜島大正大噴火 bour18 bour18-9bour34 bour36 bour32 bour30

黒神埋没鳥居 現在

多くの観光客が訪ねる場所として整備され、道路向かい側には広い駐車場があり多機能トイレも完備されています。

img_1902 img_1898 img_1901

当時の様子や各種資料も展示

img_1899

3メートルが埋没するとは。。今起きたら。。という事をもっと考える必要がありますね。

黒神埋没鳥居

大噴火による灰で埋まった鳥居

img_1900

桜島大正大噴火時を再現した動画

よかもん君
いつか絶対くるだろうからね。ずっと語り継いでいかないといけないね。

[SmartAds2]

黒神埋没鳥居 高齢者障害者向けの環境情報

専用駐車場から道路を横断した場所にあります。トイレの環境情報はリンク先を参考にしてください。黒神鳥居の前まで車いすで進む事が出来ます。※舗装はされてませんのでご注意を

http://www.pref.kagoshima.jp/suisui/pc/area/k-hokubu/24776/

地図

西郷どんを楽しむ企画

明治維新と西郷どん
島津家の歴史

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





関連キーワード
  • 【湧水町】般若寺:鹿児島茶発祥の地の伝承と当時のお茶が群生する場所
  • 【南さつま市】常珠寺跡:相州島津家墓所と島津日新公とその母常盤様へのお参り
  • ひなた茶屋
    霧島市 ひなた茶屋
  • 旧島津氏玉里邸庭園:知らない人が多い?市内中心部にある国指定の名勝
  • Vege Cafe &Yoga TAMAYA:日吉にあるオーガニックランチを楽しめるカフェ
  • 西郷隆盛屋敷跡
    西郷隆盛屋敷跡:南洲翁が過ごした鹿児島市にある屋敷跡地