シリーズ鹿児島の銅像を巡る~vol.7~

幕末薩摩藩の家老。正式な名は小松清廉(きよかど)、通称として小松帯刀尚五郎と呼ばれる。

IMG_1585

小松帯刀の歴史

1835年12月3日、喜入領主肝付兼善の3男として生まれた。
15歳頃から勉学に励んだが、17歳頃から病気がちだったという。

しかし、勤勉な小松帯刀は、徐々に大久保利通など若手下級藩士の集まりである精忠組とも交流するようになったという。

その後、27歳にして薩摩藩家老に。

1864年の池田屋事件をきっかけに坂本龍馬と急接近。
この時、集成館事業に影響を受けた龍馬はその後、亀山社中を結成する。

薩長同盟は、京都小松帯刀邸で調印され時代は討幕へと一気に動き出す。
IMG_1590

しかし、1870年(明治3年)に36歳という若さで病死。

彼がいたから、西郷、大久保といった下級藩士も十分な活躍ができたと言われている。

惜しい。もし、長生きしていたら日本はどう変わっただろう?

この像を前に考えずにはいられない。。
小松帯刀像

関連記事

喜入肝付家墓所:苦難の戦国期から小松帯刀に続くルーツ
園林寺跡 小松帯刀公墓所

住所

鹿児島市山下町

地図

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

鹿児島の宿を探す
↓  ↓  ↓

楽天トラベルじゃらん H.I.S.一休.com
るるぶJTB

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
@ksw1934xで検索!もしくは?
友だち追加
焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう