旧蒲生町の県道25号線あたりを走っていると「城山公園」なる案内を見かけます。

あちこちでかつてのお城跡を整備して公園化されているのですが、こちらはまだ訪ねたことがありませんした。せっかくですので次の目的地到着までの隙間時間、ちょっと立ち寄ってみました(^^)/

アクセス

蒲生の中心部からほど近く、県道25号線から城山公園の案内に従い山を登っていきます。少し道が暗かったり狭かったりしますのでお気を付けください。

地図

蒲生城とは?

1123年(保安4年)豊前国宇佐八幡宮に下向した藤原教清の子である蒲生舜清により築かれたとされます。

蒲生氏は鎌倉時代にこの地を支配しておりましたが、島津家に与することもあれば、菱刈氏や祁答院氏と組み対立することもあったようです。

最終的には1555年に蒲生範清が島津貴久に降伏し、その際にお城に火を放ったといわれています。

現場レポート

到着してから気づいたのですが、ここは以前に訪ねた竜ケ城磨崖梵字のある岸壁があるお城ではないか!!

どうやらルートとして竜ケ城磨崖梵字にも歩いて行けるようです。ただ、道が険しそうなので今回は断念・・

主に上記案内図の左側にある二の丸跡、桜公園を散策してみました。

二の丸

まず、二の丸を目指しますが、この階段(;・∀・)

登り進めて数分…何やら櫓のようなものがあります。。

せっかくの案内が春の草木に覆われています。山城らしい光景です(笑)

先ほどの櫓に上ってみましたが、周囲が木々に覆われ景色は残念な感じでした。ただ、眼下のツツジ、藤、新緑のもみじのトリオは見事でしたね(*^-^*)

ここからは時間の都合で駐車場に戻り、桜公園へ

桜公園

入口がなんかいい感じです。もみじの緑が素晴らしいので、おそらくですが紅葉の時期は素敵な景観になりそうです。

上に上がると、なんかのんびりしたくなる空間が広がっていました!桜の時期に間に合っていればとても綺麗だったかもしれません!ただ、この緑の空間もなかなかのもの(*^-^*)

麓の蒲生の町が一望できます。

蒲生城址の碑ですね。

まとめ

かつては戦地にもなった場所は、今は人も少ない静かな公園になっていました。散策をすればかつての土塁なども目の当たりにすることもできます。

単純に景色を眺めてぼーっとするのも良いですし、春の桜に新緑、秋の紅葉を訪ねてみるのもよいかもしれません。

独り占めするにはもったいない場所でした(*^-^*)

それではまた(o・・o)/~

現在地から飲食店を探す
↓  ↓  ↓

よかもんグルメマップ

LINE@配信中

鹿児島のグルメ情報を月に数回配信中!
月一回のランチ無料抽選会も開催しています!
@ksw1934xで検索!もしくは?
友だち追加
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 takuya noda
焼酎や蔵元情報はだれやめ日記へ





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう