スポンサードリンク







この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

H28年11月27日。甲突川左岸緑地に70年ぶりに「ある銅像」が建立されました。

 

なぜ、70年ぶりかというと、この地にかつてあった像は戦時中、軍事資材確保のため、撤去されてしまったのです。それが有志の声や活動により復活したのがH28年11月27日。その銅像こそ乃木希典将軍婦人であった「乃木静子」の像なのです

乃木希典とは?

長州藩士の家に生まれ、文武両道、激動の時代において明治維新後の政府中枢の信頼も厚く、若干22歳で陸軍少佐に就任。

西南戦争では、薩軍に明治天皇より賜った連隊旗を奪われ、自責の念から自刃を図るも味方の説得により失敗。その後の戦闘では、重傷の身でありながらも病院を抜け出し、戦地に向かおうとした逸話も残る。なお、連隊旗を奪われたことを生涯の恥辱としていたといわれている。

 

明治11年。そんな恥辱を与えた薩摩出身である湯地定之の娘 静子と結婚。

その後、ドイツ留学を経て学んだ軍人教育(軍紀など)確立を経て、明治27年の日清戦争では旅順を一日で攻略。

 

さらに明治37年の日露戦争でも再び旅順を攻略。ロシアにより頑強に防備された為、共に従軍した長男次男共に戦死。多くの将兵を失いながらも旅順を攻め落とす。

 

子供を亡くしながらも大国ロシアに打ち勝ち、なおかつ捕虜としたロシア将兵への紳士的な扱いが日本だけでなく世界で称賛され、ヨーロッパ諸国から多くの勲章を授与されたという。

 

しかしながら、これまでの戦争で多くの将兵を失った責を明治天皇に報告。自刃して償いたい旨を申し出るも、明治天皇により思いとどまるように制止される。

 

その後、軍事参議官の仕事に就きつつ、学習院院長という立場から昭和天皇の教育役も務めたという。

 

のちに明治天皇崩御に伴い、静子夫人と共に自刃。

 

その死は当時の昭和天皇も悲しみ、また国民のみならず世界からも多くの参列者が訪れた異例の葬儀となったという。

 

※H29/7/20転載許諾 北海道大学付属図書館より

乃木静子の生涯

薩摩藩士 湯地定之(医師)の4女として甲突川そばの現 甲突町に生誕。※写真左が静子

※H29/7/20転載許諾 北海道大学付属図書館より

※H29/7/20転載許諾 北海道大学付属図書館より

 

一説では、女ではなく男であれば。。という声もあったぐらいの才があったと言われている。

のちに「薩摩の娘ならば」と結婚相手を所望していた乃木希典と結婚。

 

四人の子宝に恵まれるも3人目4人目は幼少期に早世。長男次男は日露戦争で戦死という母として最大の悲運に見舞われる。※なお、夫、子供の従軍の折には、仮に戦死した場合、死臭を漂わせては無念であろうとの想いから、高級な香水を買い渡したとされる。

 

明治天皇崩御に伴い、これまでの大日本帝国陸軍に与えた人的被害の責を取り、殉死を選択した夫に付き添い自刃。

 

ひたすら夫と明治という時代に尽くした人生。その最後もまた夫に付き従うものだった。

建立された乃木静子像と周辺

松方正義の銅像から甲突川を挟んでちょうど向かい側。ここが乃木静子像が再び建立された場所であり、乃木静子の生誕の地でもあります。

再建立を祝いのぼりがはためいていますね(^^)/

スポンサードリンク

 

中に行くとかつての土台。そしてその奥に。。

いらっしゃいました。。

  

そして、生前の優しさを宿しているのでしょうか?猫が周囲に(;^ω^)

碑文には原口泉先生のお言葉が

かつての台座には、資材を投げうって銅像を建立した村野夫妻の名がしっかり今に残ります。

まとめ

こうして振り返ると現在の感覚では容易に理解できない時代だったのがよくわかります。女性としての幸せはなんだったのかと。。

 

それゆえに今も彼女を慕い、彼女の生き方を想う人々が存在するのでしょう。

 

自己犠牲の精神を私は正義とは思いません。。

 

ただ、それを教えてくださった方、未来を残してくださった方はこういう方々なのかもしれません。

 

感謝とご冥福をお祈りしつつ、あとにしました。。

お墓

乃木将軍夫妻のお墓は東京の青山霊園にあります。

青山霊園に眠る薩摩の偉人たち
2017-03-05 22:08
先月、上京の折、隙間時間でお参りしてきた青山霊園の取材(墓参)レポート。ようやくですがアップいたします!青山霊園って?港区青山というおしゃれな街にありながら、日本で…

地図

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサードリンク




コメントを残す

関連キーワード
  • 指宿ベイヒルズ HOTEL&SPA:山の上の展望大浴場でゆったりと
  • やまさきの焼肉:桜島の名を冠した絶品ローストビーフ丼!
  • 黒川岬:錦江湾の名の由来となった加治木八景のひとつ
  • 乃木静子像:明治の混乱に翻弄されながらも良妻賢母とうたわれた乃木将軍夫人
  • ocean jewelry(オーシャンジュエリー):820円のウニ丼!!?教えたくないけど教えたくなる驚愕のお店
  • 奈良原繁墓所:寺田屋事件、生麦事件に関わり、その息子は日本初の国産飛行機を作る
  • うなぎ処さいしょ:老舗ひしめく鹿児島うなぎ店に期待の新星登場!
  • 東雲の里:あじさいや紅葉だけじゃない!四季折々の変化を楽しみながら歩く癒しの時間
  • 洋食亭かんぱねら:独自の五つのソース×黒豚黒牛合い挽き肉で作られたハンバーグに歓喜!
  • 小城花屋雑貨店:伝統と実用性&カジュアルが融合した雑貨に魅了される
  • リストランテウチダ:大隅の大地と四季の恵みが詰まった絶品コースを堪能!
  • 鹿屋オーストリッチ:オリンピックも視野に!日本有数のダチョウ牧場でその秘密に迫る!